無料チャンスアセスメント

カナダで車を購入する際の詐欺から身を守るための9つのアドバイス

カナダで車を購入する際の詐欺から身を守るための9つのアドバイス

カナダに住んでいる間に、私は新車を3台と中古車を3台購入しました。また、ローンを2回申し込みましたが、断られてしまいました。そのため、私にはいくつかの経験があり、それを皆さんと共有したいと思います。

1. 信用履歴なしでローン?期待しないで!

新規の方が通常の金利で新車を購入するのはほぼ不可能です。営業担当者は可能だと言いますが、信じないでください。彼らはあなたが断られた後の絶望を当てにしており、より不利な条件を提案するでしょう。私の場合、別の町で家を借りて引っ越さなければならなかったので、現金で中古車を購入せざるを得ませんでした。

2. ディーラーは嘘をつく!

安全のため、カナダで最初の車をディーラーから購入し、事故歴がないという「保証」のために余分に支払いました。しかし、売却時に事故歴があることが判明しました。

3. 見積もりの詳細な印刷を要求してください。

ディーラーを訪れると、紙切れに価格の提案を書かれることがあります。詳細な印刷物を提供しない場合は、別のディーラーに行きましょう。

4. 隠れた手数料と追加オプション。

車を購入する際、多くの追加手数料が加算されます:配送料、ディーラー手数料など。最も悪質なのは、無駄なサービスパッケージです。例えば、1年間の無料ウォッシャー液が4桁の金額で提供されるなど。請求書の各項目を理解し、不要なオプションを断れるか尋ねてください。

5. 口頭の約束を信じないで!

それらには価値がありません。電話でディーラー手数料を削除すると約束され、対面で確認しましたが、契約書には「忘れられていました」。気づかずに約600ドル損しました。気づいた時には遅すぎました。マネージャーは驚いた顔をして、そんな約束はしていないと言いました。

6. 最終契約書を確認してください。

私の場合、「誤って」車の価格に数千ドルが追加されていました。全ての金額を注意深く確認してください。

7. あなたに不利な書類の誤り。

予備書類に不正確な名前が記載されている場合があります(私の場合はAlex Alexでした)。最終契約書の金額が予備書類と一致しないことに気づいた時、財務マネージャーは最初の書類が誤りで無効だと主張しました。しかし、すでに私は頭金を支払っていました...

8. 契約書の全ての数字を確認。

財務マネージャーは数字を操作するのが得意です。月々の支払いは合意通りでも、初回支払いが高くなったり、リースからの買取価格が数千ドル増加したりする可能性があります。

9. 気に入らない?別のディーラーへ。

交渉や条件に満足できない場合は、別のディーラーに行きましょう。彼らは製造せず、ただ転売しているだけなので、あなたは何も失いません。リース後に自分の車を買い取ろうとした時、私のディーラーは契約よりも約1000ドル多く請求しましたが、別のディーラーに行くと何も要求されませんでした。

自分の経験やアドバイスがあれば、コメントに書いてください。特に新しい方々にとって役立つでしょう。

アレックス・パブレンコ、immigrant.today創設者

  • #カナダでの車の購入
  • #カナダでのリース
  • #カナダでのローン
  • #カナダでの自動車
  • #カナダでの車両
  • #カナダでの車
  • #カナダでの詐欺師