無料チャンスアセスメント

サスカチュワン州は移民プログラムを拡大しています

サスカチュワン州は移民プログラムを拡大しています

さらに279の職業がPMLの対象となりました。

サスカチュワン州政府は、中級および低技能の労働者を州内に留めておくための抜本的な対策を講じています。そのために、サスカチュワン州移民候補者プログラム (SIMP)、特にサスカチュワン州就労体験のための既存労働許可制度の拡大を決定しました

テリー・ジェンソン州議会議員は、移民・キャリア研修大臣を代表して、「避難民となったウクライナ人やその他の国際労働者の永住機会を増やすことは、政府がサスカチュワン州のビジネスと経済をさらに支援するもう一つの方法に過ぎない」とコメントした。

以前は、既存労働許可証ストリームの対象となるのは、高度に熟練した職種や特定業種の新規参入者のみでした。

現在は、すでにサスカチュワン州で働いたことがあり、プログラムの他の基準を満たしていれば、スキルの低い専門家や中級レベルの専門家を対象としています。これらには、語学要件やフルタイムの恒久的な求人が含まれます。この拡大は、農場労働者、トラック運転手、小売販売、看護助手、機器オペレーターを含む合計279の職業に影響を及ぼします。

新しい拡張ストリームで申請するには、申請者は以下の条件を満たしている必要があります。

サスカチュワン州ウクライナ系カナダ人議会議長のエレナ・クルーガーは、サスカチュワン州政府のこの措置に特に感謝の意を表した。

「サスカチュワン州ウクライナ系カナダ人議会は、サスカチュワン州に到着した避難民ウクライナ人に避難と支援を提供してくれたサスカチュワン州政府に感謝しています。また、研修や雇用の機会を提供することでウクライナの新参者を職場に迎え入れてくれたサスカチュワン州の多くの雇用主に感謝します。私たちは、ここサスカチュワン州で安全な生活を築こうとする避難民ウクライナ人のための機会と支援を強化するために、州政府との協力を続けていくことを楽しみにしています。」

サスカチュワン州政府は最近、2023年、2024年、2025年の州移民申請者の年間配分を増やす交渉に成功しました(連邦移民計画について詳しくはこちらに書きました)。

移民はサスカチュワン州の経済成長を支える上で重要な役割を果たしています。SaskJobsとナショナル・ジョブ・バンクのウェブサイトには、現在、州内で16,000件を超える求人が掲載されています。サスカチュワン州では、今後5年間で合計112,260件の求人が開かれると予測されています。

出典
  • #カナダへの移民
  • #サスカチュワン州への移民
  • #カナダへの就労ビザ
  • #カナダでの仕事
  • #カナダの州への移民
  • #州移民プログラム
  • #州候補者プログラム
  • #州候補者プログラム
  • #サスカチュワン州移民候補者プログラム
  • #SINP
  • #サスカチュワン州移民
  • #カナダでの永住権
  • #サスカチュワン州での仕事。